レビトラの製薬会社バイエル

ED治療薬と言うとバイアグラが有名ですが、バイアグラに続いて誕生したのがレビトラです。
レビトラを開発したのは、ドイツに本社が在るバイエル薬品という会社になります。
尚、レビトラの箱には「LEVITRE」と言う文字が記載されていますが、「LEVITRE」は「LE」と「VITRE」の2つの単語から成り立つ言葉で、「LE」はフランス語の中では男性定冠詞となり、「VITRE」はラテン語の中では生命と言う意味が在り、これらを組み合わせると男性の生命と言う意味になると言います。
また、パッケージには炎のようなマークがついているのが特徴ですが、このマークはマッチの炎を意味しており、マッチは擦る事で火をつけることが出来るわけですが、直ぐに着火が出来るなどの意味から、レビトラは直ぐに効き目が出ると言う意味が込められていると言います。
尚、日本では厚生労働省の認可を得ているED治療薬の一つになりますが、レビトラはバイアグラの発売開始の翌年に厚生労働省に対しての承認申請を行って、2004年に製造販売における許可が下され、この年の6月に5mgと10mgの2種類が発売開始され、翌年の2007年7月に20mgが続けて発売されたと言う経緯が在ります。
因みに、レビトラは個人輸入代行店でも購入が可能になっていますが、バイエル薬品では個人輸入代行店が販売している医薬品の中には偽物が在るの事をホームページ内で紹介しており、日本で承認されているものとアメリカで承認されているもの、そして偽物などの特徴を紹介しています。
偽物の医薬品には不純物が混入されており、身体に害を与えるものも含まれているため、レビトラなど医薬品を通販店で購入する時には注意が必要です。